ラミネートマニア Laminate mania
ラミネーターについてラミネートの機能ラミネートの注意点ラミネートの加工法ラミネートの活用法ラミネーターの選び方ラミネーターのお手入れ法ラミネーターFQAMAILラミネーターLINK集

ラミネート加工法

ラミネート加工っていっても、何通りもの加工方法があるんです(*^_^*)だから、加工する物に合わせたり、用途に合わせたりととっても便利なラミネート☆皆さんも、ラミネート加工するまえに、まず加工方法について学んでみては♪それでは早速ご紹介!!!

 

ホットラミネート

これは、管理人がよく使っている加工方法です☆っていうか、最も定番な加工方法ですね。初心者の方にもぜひお勧めでしょう(*^_^*)♪大きな特徴と言えば、フィルムのフチが5oでていて標準という点です。その5oのおかげで加工後に水の侵入を阻止してくれるんです。まぁ、完全阻止って程ではありませんが・・・。雨などには強いので、用途によっては非常に便利ですよ☆あと、フィルムの厚さが38μ・100μ・150μ・200μ・250μ・350μ・・・とたくさんあります♪

 

パック式ラミネート

これも結構良く活用させて貰っています☆このパック式ラミネートという加工方法は、二枚で一シートになっているのが大きな特徴です。そして、その間に写真や紙などをサンドイッチして加工していきます。質感も良く、マットな感じだったり、光沢を出したいなどたくさんの用途に対応してくれます。フィルムのサイズも名刺サイズからA3程度まで加工できちゃいますし、厚さも150μまでOKです。

 

ロール式コールドラミネート

わたくし、管理人はあまり使用しない加工法なんですが、抗生物質が含まれているコールドフィルムもあるようで病院や施設などで多く使われているようです(*^_^*)このロール式コールドラミネート加工というのは、大きいサイズのコールドフィルムを上の面行っていくのです。そして、コールドフィルムの特徴は、たくさん機能がついているので用途に合わせて使い分けがしやすいことでしょう。
コールドフィルムと聞いて一番印象的なのは、UVカットフィルムだと思います。大きめの写真を加工するときや、駅、屋外や映画館のポスターなどにもこのUVカットフィルムが多く使われているのです☆ただ、管理人の中で、イメージが業務用なコールドラミネートフィルムは、とても高価もので残念ながらめったに使うことはありません(涙;)

 

捺印・記入可能ニューマット

そして、わたくし管理人がおすすめなのが、ニューマット(*^_^*)♪加工する際にインクなどがにじむ心配もないし、すぐにラミカを発行することが可能なんです☆時間も手間もかからないのであっというまに終わっちゃいます。大量生産にもお勧めの加工方法ですネ!!!ニューマットラミネートフィルムの最大の魅力は、紙が乾くのと同時くらいにインクも乾いてくれることなんです。つまり!!!今使っているカードに捺印を押す欄があた時なんかもそのまま上からラミネート加工してしちゃえば、ボールペンを使ってすらすら〜っと文字を書きこむことが可能なんですよー☆もちろん、サイズ展開も豊富で名刺サイズ〜A3まであるのも便利ですよね♪

 

圧着ハガキ

この加工方法は、あまり一般向けではなく、企業のイメージが強いと思います。この、圧着ハガキ加工は、印刷した後に圧着してハガキの形にする加工することを言います。ちなみに、ほとんどがダイレクトメールのような広告ハガキや公共料金の請求書または督促状などに使われています。特徴としては、通常のハガキの3〜7倍位もの情報量をこの1枚に提供することが可能になるので、コスト削減に大いに役立っているんだとか・・・。そして、圧着ハガキ加工にも、サイズがあって通常の官製ハガキ(106mmx148mm)と大判ハガキ(120mmx235mm)の2タイプあり、折りの種類も「V折」、「Z折」、「巻き3つ折」の3タイプあるようです。

 

塩ビ加工(下敷き加工)

これも、あまり一般の家庭などでは耳にしない加工方法だと思います。塩ビ加工は別名「下敷き加工」とも言われることがあります!用途の多くが下敷きなどの販促ツールに使われていて、塩ビのフィルムを印刷するものに張っていくといった加工方法になっています。大きな特徴として、厚みがあるのでしっかりした素材に仕上がります。そのため、耐久性も優れていて半永久的に使用できるという点があります。近頃は、環境問題のことを考慮していて塩化ビニールではなくてペットボトルを再生した材料を使ったタイプも出ています。欠点としては、インクジェット出力紙、そしてオンデマンド印刷には向いていないと言うことですかね・・・。
Copyright(C) 2008 laminate mania. All Rights Reserved.