ラミネートマニア Laminate mania
ラミネーターについてラミネートの機能ラミネートの注意点ラミネートの加工法ラミネートの活用法ラミネーターの選び方ラミネーターのお手入れ法ラミネーターFQAMAILラミネーターLINK集

ラミネートのQ&A

ラミネートの加工に関することやラミネーター本体について分からないことって結構ありますよね☆このページでは、CDプレス後のジャケットなどラミネートに関して良くある質問をまとめてみたよ(*^_^*)

 

Q1.フィルムを切って使うことはできるの?

通常ラミネートのフィルムというのは、切ってから使うことはありません。
その大きな理由はやはり、ラミネーター本体に巻き込んでしまう可能性がかなり高くなってしまうと言うことです。

ですから、まず加工するものに合ったサイズのラミネートフィルムを探して加工することが一番でしょう。

 

Q2.フィルムは日本製と外国製どっちが良い?

はっきり言って、日本製と外国製のフィルムにあまり違いはないと思います。価格にもあまり差はないので、どちらを使うかは皆さんの自由です。ちなみに、管理人の場合は加工するものに合わせて日本製のフィルムも外国製のフィルムも両方使っていますよ☆

 

Q3.ラミネート加工が出来ないものってあるの?

基本的にフィルムのサイズに合わせて、1o以下の用紙だったらラミネート加工できます☆ただ、一部ラミネーターでは、ラミネート加工出来ないこともあるようです・・・。プレスCDは厚みもあるし、プレスCDをラミネートすると再生できなくなり本来のCDの役目をはたせなくなります。あと、ラミネート加工できないものと言えば、サイズが大きすぎてラミネーターに通せないもの・・・とかですかねー(^^;)

 

Q4.長くラミネーターを使うコツは?

どんな機械でもそうなんですが、やっぱり定期的にメンテナンスをすること!!これに限ります(*^_^*)♪ですから最低でも、1ヶ月に1回はメンテナンスを行ってあげましょうネ!ラミネーターメンテナンスに1番最適なのは、加工した後などに、紙を通して中の汚れを取り除いたり、普段使う時にも長時間使用しないように(1時間以上連続してラミネーターを使うときは1度電源をOFFにして30分程度休ませようネ♪)気を付けましょう。

 

Q5.ちょうど良いサイズのフィルムが無い時は?

もしも、加工したいものに対してちょうど良いくらいのラミネートフィルムが見つからなかったときは、加工するものより大きめのサイズのフィルムを使いましょう。そして、加工した後で回りの余った部分を切っていく・・・この方法しかありません!!あっ☆注意点を1つ!!ラミネートする前にフィルムを切るのはトラブルの元になっちゃいます。カットするのは、加工してからですよー。

 

Q5.小さいものをいくつか並べて加工することは可能?

うーん。。。管理人も経験はあるんですが、加工自体はもちろん可能なんですが、100%成功するとは言えないですネ!!やはり、単品の方がシワもなくキレイに仕上がるのは事実ですから(*^_^*)!成功させるコツとしては、加工するものをフィルムのシーリングまで挟み込むことです。余白が残ったままでラミネート加工しちゃうと、シワシワになっちゃいます★気を付けてね!!

 

Q6.安いラミネーターと高いラミネーターは何が違うの?

近頃は、ラミネーターの機械の構造をより簡略した外国製で低価格なラミネーターをよく見かけます。もちろん、消費者側からすれば大万歳☆なんですがあまりに低価格過ぎるラミネーターだと、中には自由に温度調整ができないラミネーターもあったりします。このようなラミネーターの場合は、温まるまでの時間が長かったりと不便なだけではなく、発火の危険性が高くなってしまうのです。やはり、機械ですし長く愛用するものですからそれなりのラミネーターを買うといいですよ☆

 

Q7.あれっ?!ラミネーターからフィルムが出てこない?

楽しみに完成したものを待っているときに機械からフィルムが出てこないときほど悲しい事はありませんよね・・・><;でも、大丈夫☆そんなときにはラミネーターについているあのリバースボタンを押して逆回転してみて下さい!!!ほら、これで直りました・・・よね?これでもダメな時は・・・おとなしくメーカーさんにお訪ねしましょう。

pickup

2015/4/7 更新

Copyright(C) 2008 laminate mania. All Rights Reserved.